今鹿の日記

スイッチを雄鹿ないのです。雄したら、今鹿ない

15000

毎日、目標15000歩。


走り可。です。


最低でも、10000歩は達成する。


私は、やる鹿。


別に鹿はそんなに好きではない。

チャンス。やったぜサバチャン!ゲットだぜ!

最近、友人と将来について、よく話す。


私が、将来について不安だからだ。


今の私は、サラリーマンだ。


サラリーマンって、文字で見ると、スーパーマンみたいに、マントを羽織っているイメージが、しなくともない。




最近、友人と将来についてよく話す。


将来っていうと綺麗に聞こえるので、具体的には、銭の話。


銭の話と書くと、品がなくなる。


しかし、サラリーマンの私が、一番不安なのは、残念な事にお金なのだ。



最近、友人とお金の話をよくする。という事が正しい。



私は、サラリーマン。友人は、自営業、もしくは、経営者。


実は、私も元経営者。 元経営者、なんて書いてて、”何を偉そうに! 誰にアピールしてんだ”と、自分が嫌になる。しかし、虚栄心旺盛な私は、そういう所がある。





私と友人(自営業の彼)の話の中で、チャンスの話がでた。また他の友人、サラリーマンとも、その話になった。


そう、私は今、このチャンスについての話がしたいのです。



自営業の彼は、チャンスがあればいつでも挑戦したいと、言うのです。仕事、ビジネスでの事です。


そのチャンスについて、詳しく聞くところ、チャンスとは、リスクなしで儲かる話、と言う事のようで、棚ぼたの様な事を、本気で話すのです。


またサラリーマンの友人も、自己負担なく、責任者としてお願いされるなら、そう言うチャンスがあれば、やってみたいと言うのです。


かなり、雑な説明ではあるが、チャンスがあれば、っていう人の話をよく聞くと、なんてわがままなんだ?と思わずに入れない私です。




テーブルの上にご馳走が、用意されていて、誰かに  ”お口 アーン♪” じゃないと、食べないよ! 


常識的に、私はそんな料理食べれない。



人生に、試食コーナーがあるのか?試食のおばさんが、アーン♪ ってあるのか?




チャンスって、なんの⁈












頑張ってね、私。

中々人生が、定まらない。


何やっているかわからない。


頑張ってはいる。しかし、挑戦なり具体的な目標はない。


私は、頑張ってはいるけど、具体的な目標はない。具体的な目標はないのに、頑張っている。




それは本当に頑張っているって言えるのか?



しかし生活する為に、何もあまり変化のない日常を、頑張ってはいると思う。



同じ頑張りなら、生活を維持しつつ、具体的な目標の為に頑張りたい。



もしそうなら、頑張っている事を実感できそうだ。



頑張りは、いつでもできるし、たぶん生きている事自体が、頑張っている事かもしれない。


でも、頑張っている事を実感する事は、少し難しい。


もしも、頑張っている事が、実感出来るなら、それは、希望をもって生きてる事ではないのか?


具体的な目標に向かって頑張っている事は、素晴らしい事だと思う。



私もそうしたい。





リセットボタンは、どうでもいいんだ。

リセットボタンはないのか?どうかなんてどうでもよくて、私は、今の状態に満足していない。



今の状態に満足していない。




正しくは、満足していない事さえ、よくわかっていない。



ただ、このままでは、何の喜びもなく、時間を消化しているだけに思えてならない。






私には、妻と子供が一人いる。



結婚生活には、満足している。私は、彼女と結婚したくて、結婚している。子供が欲しくて、子供を授かる事が、できた。


最高に、幸せな状態ではある。


もちろん結婚生活がずっと幸せな状態ではない。誰でも訪れるであろう、危機的状態もあった。これは、今までの何よりも経験しがたい苦痛があったし、未だに全てを乗り換えたわけではない。あんな思いは、死んでもイヤだ。という思いもトラウマになっている。


しかし、それも当然の結果または、償いないしは、バチがあたったんだと思っている。


償いないし、バチっていうのは、前妻に対してだ。


前妻とは、私の勝手な理由で別れた。


その当時の夫婦間は、全く悪いものではなかった。


だから、別れる際、前妻をかなり苦しめた。


しかし、一緒に生活しているというよりは、パートナーに近く、結婚というよりは、同棲であった。最後の約一年は、各自やりたい事があり、別居していた。


今、前妻との事を、書いているのは、彼女に未練があるわけではない。


今の私にとってまだ外せない事柄であるからだ。



私は、冒頭にも書いたとおり、このままでいたくない。


人生にリセットボタンがあれば、私は間違いなく、押している。



もしかしたら、リセットボタンはあって、私は何度も何度も、押してしまっているのかもしれない。もしそうなら、いつも立ち塞がる壁に背を向け続けているだけかもしれない。



こんな事がしたいのか、もっと真剣に考えてみる。





押すしか。お寿司か。雄鹿。

Q.人生にリセットボタンがあれば押したいですか?


A.   ・・・・  





もうあまり若くはない私。


リセットボタンがあれば押したいのはヤマヤマだが、リスクもある。ノーリスク、ノーリターンである。



辛い事はしたくない私。




リセットボタンを押すには、時間が経ち過ぎなのでは⁇













うだうだ考えるのは、やめよう。







そういう自分に中指を立ててやろう。











リセットボタン押す。





雄ぜ!











よし、今からダイエット開始です。



とりあえず、今日30分走る。



よくわからないが、恐れずに進んでみる。